水漏れ修理の選ぶならネットで情報集め|比較して業者を選ぼう

赤水を改善するには

ウーマン

赤水の原因と対策

水道水などが供給される配管を給水管といいますが、給水管の種類によっては老朽化することで赤水が出ることがあります。赤水は給水管内で発生した赤錆が溶け出したものであり、飲料水として使用すると鉄度の味がするといった品質低下がありますし、また赤錆の成分によって洗濯物や洗面器、便器などに赤茶色の跡が残りますし、また配管内で発生した赤錆は次第に肥大化するため水の流れが悪くなるといった問題を引き起こします。このため赤錆が現れた場合には何らかの給水管赤錆対策を行う必要があります。給水管赤錆対策としては、発生した場合の対策と発生させないようにする対策があります。発生した場合の給水管赤錆対策は給水管の内部を綺麗にするか、給水管そのものを交換するという方法があります。綺麗にする場合には特殊なドリルを使って錆を落として行くもので同時に樹脂でコーティングすることで赤錆の発生を防ぐことができます。この場合には既存の配管をそのままに工事が出来るメリットがあります。また抜本的に配管を赤錆が発生しないものに交換するというのも手段で、得に古い建物を修繕するさいに行われます。一方で給水管赤錆対策をするものとしては、給水される水質を変える方法があります。赤錆の原因は給水管だけでなく水質による影響も大きく建物内の給水管に供給する前に赤錆が出にくい水質に改善することで、将来の赤錆の発生を減少させることができるメリットがあります。