水漏れ修理の選ぶならネットで情報集め|比較して業者を選ぼう

もしもの時に備えましょう

蛇口と工具

蛇口の予備知識を持とう

毎日生活する住まいには水周りの箇所が複数あります。台所や浴室、トイレ以外にも庭にも散水栓が付いていたり、洗濯機にも専用の蛇口が付いています。これらは経年変化と共にいたるところで水漏れの心配が出てきます。特に台所や洗面台の蛇口は、ハンドルを閉めても水漏れが止まらなくなると、状況によっては家屋にまで影響を与える恐れがあります。このような事が起こる前に水漏れを解決してくれる専門業者を下調べしておくことが大切です。蛇口から水漏れがするといってもさまざまな場所から漏れが生じます。蛇口の構造を知っていると専門業者に水漏れの箇所を説明しやすくなります。蛇口から水漏れを発見した際には、まず最初は止水栓を止める必要があります。止水栓は戸建とマンションでも違いがありますが、メーターボックス内に設置してあったり、地中に蓋を付けて埋めてあります。止水栓を止めた後、ハンドルのすぐ下の方から水漏れがする場合には、ハンドルの下に付いているナットから漏れている恐れがあります。ハンドル上部のビスを外し、ハンドルを左方向へ回すと外すことができます。すぐ下のナット内には専用のパッキンが入っていますが、これが摩耗することで水漏れが起こります。それ以外の水漏れの場合、ナットを外した内部にあるコマを引き抜き、コマを交換することで改善されます。内部にあるコマは冬場に凍りやすい寒冷地になると専用のコマと交換する必要があります。地域に合わせて対応が異なるため注意しましょう。